築地場外市場でテレビ、雑誌で話題沸騰の「関門うにまん」を常設販売

新着ニュース

“関門うにまん”東京で常設販売へ、物産展などで販売されてきた和風まん。

新たな門司港の名産品とすべく、全国各地の物産展などで販売されてきた「関門うにまん」(300円/税込み)が12月7日から、東京の築地場外市場にて常設販売されることになりました。デパートの催事などではなく、いつでも購入できる常設販売は、首都圏では初めて。なお、同時にその極上品で姿形もウニにそっくりな「関門うにまん-極(きわみ)-」(840円/税込み)も販売します。
>“関門うにまん”は、株式会社かなゆにが北九州市の門司港で展開する飲食店「旬の居酒屋海門」で創作したメニューの一つ。「うに好きを唸らせる“うにまん”を作りたい」と考案され、試行錯誤の末、2011年から新メニューとして提供した。するとすぐに評判となり、通信販売用として商品化した昨年4月には、関東の百貨店で開催された物産展に出展すると各方面のメディアでも紹介され、さらにブレイクを果たしました。<br><br>この“うにまん”は、関門エリアで名産品として有名な練りウニを素材とし、竹炭を練り混んだ皮で黒い殻をイメージ。皮を割った中から出てくる濃厚な練りうに使用の黄色い具(餡)は、まさにウニの生殖巣のようで、味、香り、見た目の全てにおいて本物のウニをイメージさせる和風まんとなっています。<br><br>今回の東京での常設販売は、日本全国はもとより、海外からも多くの観光客が集まる築地場外市場で行う。築地場外市場の路地「東通り」と「築地横丁」の角地にある食品販売「まる一浜田商店」の店頭で、販売時間は朝の9時から午後2時まで。場外をブラブラと散策しながら食べる“食べ歩きアイテム”としても良さそうです。        
        <!-- 画像1~3 テンプレート2種から選択 
    	A:画像とテキスト 縦並び
        B:画像とテキスト 横並び
        -->
        


        
        <!-- フリーエリア  -->
                
        <!-- 更新日  -->
    	<div class=掲載日:2013-12-04


関門うにまん 製造工程
大画面はこちら >>

商品一覧

関門 うにまん極 関門 うにまん
メディア掲載履歴一覧
お問い合わせ

ギフト・お土産に

北九州市門司区 門司港レトロ

お問合せ

物産展出展のお知らせ

下記の日程にて、 物産展へ出展いたしました。

【博多大丸】
2014.2/4〜12
『ズームイン!!サタデー全国うまいもの博』
><br><br><br><br><br>【仙台三越】<br>2014.1/7〜14<br>『ズームイン!!サタデー全国うまいもの博』<br></span></strong></span></span></strong></span></p><div class=></div><p><span style=

【博多阪急】
10/30〜11/3
「関門うにまんー極」一日限定50個
 width=


【そごう千葉店】

第58回 秋の九州物産展
9/11〜9/18
「関門うにまんー極」一日限定50個
 width=

 
【小田急新宿店】
「福岡物産展」
4/24ー4/30
 width=

【伊勢丹新宿店】
「第4回チアアップ!
ニッポンの展」

5/29(水)〜6/3(火)
></span></strong></span></p><p><span style=