【2024現在】仲邑菫の年収は2000万円超!年収推移や収入源3つについても調査!

2019年日本棋院の「英才特別採用推薦棋士」となり、史上最年少の13歳11ヶ月で女流棋聖のタイトルを獲得したことで有名な仲邑菫(なかむらすみれ)さん

そんな仲邑菫さんですが2024年現在の推定年収はいくらなのでしょうか?

この記事では

  • 仲邑菫の2024年現在の推定年収は?
  • 仲邑菫の収入源3つ
  • 仲邑菫の年収推移

これらについて見ていきたいと思います!

目次

【2024現在】仲邑菫の年収は2000万円超!

2024年現在、仲邑菫さんの推定年収は約2000万円と言われています。

2023年の仲邑菫さんの獲得賞金総額は1149万円で、第9位にランキング。

そのため、2024年でもそのくらいの優勝賞金を獲得する可能性が。

とてもすごいですよね。

13歳で1000万以上稼いでるのか・・・サラリーマンの私には夢のような収入だよ(泣)

まあ、サラリーマンと比べるのもどうかとは思うけどね(笑)

2023年の推定年収が1149万円ということは、タイトルの優勝賞金以外にも収入があるということですね。

そんな仲村菫さんですが2024年現在の収入源は何になっているのでしょうか?

仲邑菫の収入源3つ!

仲邑菫さんの2024年現在の収入源は大きく分けて下記3つに分けることが出来ます。

  1. 対局料・タイトル獲得賞金
  2. 出演料
  3. 日本棋院からの給料

それぞれの収入源について詳しく見ていきたいと思います!

収入源①:対局料・タイトル獲得賞金

まず仲邑菫さんの1つ目の収入源は対局料・タイトル獲得賞金です。

以前仲邑菫さんが獲得したタイトルは「女流棋聖戦三番勝負」で、優勝賞金は500万円でした。

他にも、女流棋士界には以下のような「五大タイトル」があります(タイトルのあとの金額は優勝賞金)。

女流本因坊選 550万円
女流名人戦 700万円
立葵杯 700万円
女流棋聖戦 500万円
女流最強戦 800万円

ただ仲邑菫さんの対局料収入について調べてみましたがはっきりとは分かりませんでした

対局料とは、プロが対戦した場合に勝敗に関係なくもらえる報酬のこと。

仲邑菫さんがタイトルを獲得した女流棋聖戦の場合、予選B、予選A、1回戦、2回戦、準決勝、決勝
と、勝ち進めば全部で6回の対局が。

参考までに名人戦を例に取ると、対局料は以下のように。
(※名人戦とは、囲碁の七大タイトルの一つ。タイトルホルダーと、リーグ戦を勝ち抜いた挑戦者が七番勝負でタイトル獲得を狙う。)

予選C:13万円
予選B:20万円
予選A:30万円
最終予選:40万円
リーグ戦:勝つと80万円、負けると66万円

2023年の名人戦では、予選Cで最大2回、予選Bで3回、予選Aで3回、最終予選で3回、リーグ戦で7回対局していました。
すべて勝ち上がると仮定すると(13×2)+(20×3)+(30×3)+(40×3)+(80×7)=856万円ということに。

勝ち上がるとすごい収入になりますね!!

ちなみに名人戦の優勝賞金は3100万円だそうです。

個人的には、金額もですが名人に挑戦するまでに18回も対局しないといけないこともすごいと思います......

その為仲邑菫さんの女流棋聖戦の場合も、相応の対局料が発生していると思われます。

収入源②:動画やイベントの出演料

仲邑菫さんの2つ目の収入源は動画やイベントの出演料です。

仲村菫さんの動画やイベントの出演料からの収入は約20万~50万円と言われています。

仲村菫さんの場合、主に「囲碁・将棋チャンネル」などの出演が。

そして2024年現在三段の仲邑菫さんの場合の「棋士派遣料」は30,000円

「囲碁・将棋チャンネル」の出演料に関しても、それと同等以上の金額が発生してると考えられます。

また2024年4月現在仲村菫さんは「囲碁・将棋チャンネル」には7回の出演予定が。

その為決定している出演料だけでも20万円を超えることに。

30,000(円)×7=210,000(円)

出演料だけで、すでに私の月収を超えてるわ......

まあ、プロになるまでが本当に大変な世界なんだけどね

とてもすごいですよね!

収入源③:日本棋院からの給料

仲村菫さんの3つ目の収入源は日本棋院からの給料です。

仲邑菫さんの日本棋院からの給料は約500万円といわれています。

日本棋院所属のプロ棋士でまったくタイトルを持っていない方の給料は年収約300万円とのこと。

仲村菫さんの場合、「史上最年少プロ」「史上最年少タイトル獲得」などの活躍のおかげで、通常の
1.5~2倍程度の給料があってもおかしくないですよね。

そのため「日本棋院からの給料はおよそ500万円程度だと考えることができると思います。

また仲邑菫さんには上記のように3つの収入源以外にもスポンサー料などの収入があると思われます。

仲邑菫さんの2024年の年収が2000万円と言われるのも納得ですよね!

プロの世界では、本業の他に、イベントのチケット収入とか、TVの放送権収入とか、そういう副収入が多くを占めるよね

うんうん。それで本業以上の収入を得ている人もたくさんいるらしいよ。まあ、まずは本業を大切にしないとだけどね

仲邑菫さんは将棋界での「藤井聡太」さん見たいな存在に、是非なってほしいな

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

仲邑菫の年収推移は?

そしてこちらが仲邑菫さんのこれまでの年収推移になります。

年度年齢推定年収備考欄
2019年10歳300万史上最年少プロ
2020年11歳400万扇興杯本戦進出
2021年12歳500万史上最年少で二段へ
2022年13歳550万初のタイトル挑戦
2023年14歳1149万女流棋聖戦タイトル獲得
2024年15歳2000万韓国棋院へ移籍
出典:日本棋院 他

(※2024年4月時点にて。年収はあくまで推定の金額になります。)

2024年に「より高いレベルを目指すため」客員棋士として韓国棋院に移籍した仲邑菫さん。

今回は、仲村菫さんの2024年の年収について詳しくまとめました。

今後の仲村菫さんの更なる活躍を期待したいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次